Browse By

学生時代にTOEICの学習も重要です

学生時代に、英語をしっかりと勉強する事で、将来に役立てることができるようになります。学生時代は学ぶ事ができる時間をたくさん作ることができ、社会人の時と比べると、集中して学べるようになる方は多いです。社会人になってから、英語を学ぶ方もたくさんいますが、仕事を続けながら両立させるのは大変に感じる方もたくさんいます。そこで、英語を学生時代に集中して学べるようにすることも大切です。目標を持って学ぶ事ができるように、TOEICの試験に注目することもおすすめです。TOEICの試験を受けて、始めはなかなか点数が取れない場合でも、努力を続けることで、高得点を出すことができる方もたくさんいます。将来、就職活動をする時に、TOEICが役立つ場合もあるため、学校での勉強を頑張りつつ、自分で試験勉強を続けることもおすすめです。

TOEICに必要な英語力

TOEICの点数は、英検と同じように履歴書の資格欄に書くことで語学力の証明となります。大学生なら、点数によって講義を履修しなくても単位取得ができることがありますよね。しかし、英検の級やTOEFLの点数を取れる力があるからと言ってTOEICでも同じように点数を取れるわけではありません。試験内容ではリスニング音声が1回しか聞けない(英検では2回繰り返してくれますよね)、問題数が多いなどの特徴がありますが、これは集中力や処理能力を鍛えれば大丈夫でしょう。他検定との最も大きな違いは、ビジネス英語が多く用いられている点です。日常生活に必要な英会話や英単語・熟語に慣れている方でも、専門的な単語が多く出てくる文に遭遇したら動けなくなってしまうことも多いのではないでしょうか。TOEICの点数を取りたい方は、過去問をたくさん解くのもいいことではありますが、それよりも専門の単語帳を熟読してビジネス英語に慣れるのが一番の近道であるように思われます。

TOEIC試験にチャレンジしてみよう

若者の海外留学が減少傾向にありますが、若いうちに見聞を広めておくことは大切なことです。これからはグローバル化に拍車がかかりますし、英語が喋れないと時代に取り残されていきます。企業側も力を注いでいて、採用の条件に英語力を挙げるところが増えています。英検や留学経験はもちろんですが、近年はTOEICの点数を重要視しているようです。日本には馴染みの薄い試験でしたが、この数年で受験者が激増しています。自らの置かれたレベルを知ることで、弱点と今後の対策を立てることが出来ます。英検と比べても会話力が重視されるので、企業側にとっては明快な採用基準として役に立っています。本屋に行くと分かりますが、TOEIC試験関連の参考書が増えています。英語力をアップさせることで、就職や転職に結び付くのは無論、新たな人脈作りにも繋がります。