Browse By

TOEICの一つの勉強法として

TOEICの勉強法として、シャドーイングと言うのがあります。これは、要するに音を聞いて、そのまま口に出す、という方法になります。但し、これは正しい方法でやっていることが最低条件になります。何でもやればよい、というわけではないです。正しいやり方をしないとまったく意味がないです。いくつかのポイントとしては、なんとなく聞くようなことはしないことです。聞き取れないところを流してしまっている人が多いです。出来れば、シャドーニングに特化したテキストが有れば、それを利用したほうがよいです。聞き取れなかったところは何度も何度もやることが大事と言えます。それこそが上達させるコツです。わかった、と感じてもそれでも何度もやります。耳が慣れてくることはよいですが、それでも口に出します。口に出すことに意味がある勉強法です。

TOEICは高校の時に手をつけるべきです

海外と関わる企業に就職するならTOEICは必須です。500点以上から大きく評価されますが、今は企業同士の競争が激しいので800点以上あれば即戦力として雇ってくれます。TOEICはそれほど強力な資格ですが、かなりの勉強時間・英語力・継続力を必要とします。またTOEICは高校の時に手をつけるべきです。大人になってから手をつける方が多いですが、仕事と両立するのが難しいです。多くの大人は両立できず諦めるので、時間が豊富にある高校生の方が向いています。それに高校生は大人よりも記憶力・好奇心が上です。沢山の単語・リスニングの流れを覚えることができるので、早く800点に到達できます。トーイックは中学3年レベルの英語をマスターしておけば、かなり点数を稼げます。ですので中学の教科書(英語)の内容をまずマスターしておきましょう。トーイックに挑戦したいが、英語が苦手な高校生は個別指導塾(高校3年まで利用できる塾)を活用すると英語が得意になります。馬が合う講師と一緒に勉強すれば、よくあるミスが減り苦手な部分にも平気でぶつかっていけます。

就職活動前にTOEICを受けることもおすすめです

就職活動をする際に、会社の中には、英語のスキルに注目をするところも多いので、英語を使えることを証明する事も大切です。今まで英語を使う仕事をしてきた方の場合、仕事のことをアピールして、英語が使えることを証明できます。しかし、英語の仕事の経験がない方もいるので、英語を使う仕事に自信があることを伝えることができるように、TOEICを受ける事に注目することもおすすめです。試験を受けて、高得点を出すことができれば、英語のスキルを伝えやすくなります。就職活動を進める時に、アピールできることを履歴書に書く方もたくさんいます。履歴書に書くことをきちんと考えて、しっかりとアピールできる内容にすることも重要なことです。TOEICの勉強ができる本を見つけるなどして、しっかりと学ぶ事で、高得点を目指すこともできます。