Browse By

TOEICは資格としては

TOEICは資格としては一生有効ではないです。あくまで最近の英語力を計る試験になりますから、一生で何度もやり直す、ということが必要になる場合もあります。大凡ではありますが、800点を超えるあたりから高く評価されるようになります。まずはそこを目指すことが重要になります。資格としての評価は二年間、ということもありますが、それでも面接のときなどにアピールできるようになります。肝心の勉強法ですが、まずはとりあえず受けてみる、という方法があります。何故かといいますとどこまで自分の英語力があるのか、というのがわかるからです。テストの評価ですが、聞き取りと読解になります。それぞれが、5点から495点の5点刻みの採点になります。合計で990点になります。990点を取るのはネイティブですら難しいとされています。

TOEICは大学などで

TOEICというのは、英語を母国語にしていない人に対する試験になります。読解と聞き取りがあり、990点が最高点になります。はっきりいって、最高点を取ることは殆ど不可能に近いです。それに始めて受けるときにはさすがに慣れていないのでどうしても難しいこともあります。要するに実力が発揮できない、ということがあるわけです。正しい実力を知るためには、何度か受けることがお勧めできます。資格的な扱いを受けることもありますが、別に合否判定があるわけではなく、単純に点数のみが重要になっています。あくまでスコアを認定するだけであり、要するに実力を評価するだけになります。それでも留学をする時などに求められることがあります。例えば、750点以上であることが留学の条件、などとなっていることは多くあります。テストを受けると点数に関わりなく、公式認定証が発行されます。

TOEICのポイントを知る

TOEICにはいくつかのポイントがあります。まず、聞き取りのテストは何度もやるのがよいです。実に当たり前のことではありますが、意外とそれを理解していない人が多いです。問題の傾向を理解するだけでも相当にメリットがあるからです。何度もやることによって耳が慣れるようになります。良いとされているのがシャドーイングになります。簡単にいいますと聞いた声をそのまま声に出す方法であり、これこそが聞き取りの能力を高める方法になります。筆記ですが、これは細かい勉強法も大事ではありますが、やはり語彙力がポイントになります。ですから、まずは語彙を増やすことから始めるとよいです。これも出来ていない人が多いです。確かに文法も大事ではありますが、語彙力が基本的に足りていない人はなかなか点数を高くすることができないからです。